読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

シンガポールの公用語は英語だけど本当は中国語だらけ

シンガポールでの出来事

今、シンガポールにいます。

そこでせっっかくなので
シンガポールでの中国語の出来事を綴っていきます。

実践で磨く
体当たりの独学中国語の勉強法です。
シンガポールから実況中継です。

f:id:goodpoint:20150409094428j:plain

シンガポールの公用語は英語。

公用語は英語なのに
なんで中国語の話をするの?
と思う人も多いです。

実際に数人の友達に言われました。

なのでここから説明します。

シンガポールの人種の構成

中華系 約75%
マレー系 約15%
インド系とその他 約10%

中華系が70%以上もいるのです。
この人たちはわたしたち日本人と同じアジア系の顔です。

この人たちが中国語を話します。
そしてこの中華系の人たちが中心となって
政治も経済も文化も動かしているので
インド系の人もマレー系の人も
中国語を話してコミュニケーションをとります。

しかしインド系の人、マレー系の人は
中には中国語を話せない人もいます。
そしてシンガポールは面積が小さく
国際社会と関わらなければいけないので
国が公用語を英語と決めました。

なので中華系の人たちも英語を話します。
こんな状況なので多くの人が
英語、中国語を話し、さらに他の国の言語を話します。

日本との経済交流も活発なので
日本語を話す人も多くいます。
ちなみにシンガポールの人口約500万人の中で
シンガポールに住んでいる日本人は2万人以上います。
シンガポールの面積は東京23区と同じくらいです。

f:id:goodpoint:20150409094429j:plain

シンガポールで3カ国語話す人たち

シンガポールには
3カ国語以上話す人がそこら中にいます。
頭のいい高学歴の人だけでなく
その辺のおじちゃんもおばちゃんも数カ国語話します。

多くの人がストレスなく話す言葉が
中国語という実情もあります。

わたしが勉強した中国語。
そして今も勉強している中国語。
その中国語が活かせるチャンスが多くあるのです。

f:id:goodpoint:20150409094427j:plain