読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

シンガポールの安宿での男女比と中国語おすすめ勉強法

シンガポールでの安宿の出来事

わたしはいつも安宿に泊まります。

日本で女子に安宿の話をすると
「男子はいいよね〜」と言います。

f:id:goodpoint:20150409094437j:plain

ここでわたしが実体験した二つの数字があります。

日本で聞くと
安宿に泊まりたい女子
1%以下
安宿は無理な女子
99%以上

何回聞いても一般的な統計はこの数字に近づきます。

そう考えると安宿は男子の巣窟かと思う人がいます。
ここで不思議な数字があります。

安宿に泊まっている男女比
男子:約40%
女子:約60%

驚きですか?もちろん日本人の女子もいます。

まさに数字のマジック。
どちらも本当の数字ですが
どちらをクローズアップするかで
印象はまったく違います。

1%以下の女子の行動力が半端無く大きくて
その女子が世界の安宿を活用している
こんなまとめ方になるんでしょうね。

安宿は無理ですぅとう言うのも女子
安宿でたくましく世界を旅しているのも女子です。

f:id:goodpoint:20150409094431j:plain

安宿での中国語会話勉強法

そんな安宿には会話する機会があります。
フロントの人も高級ホテルよりフレンドリーで
会話が弾みます。

もちろん男子との会話も弾みます。

f:id:goodpoint:20150409094430j:plain

インドから来た人は
イギリスで勉強して
今はシンガポールで勉強するところを探していると言っていました。

マレーシアから来た女性は
マレーシア人同士中国語で話していました。
マレーシアにも中華系はたくさんいて
日常で中国語を話す人も多くいるそうです。

フロントの女性はいつ会っても
「ご飯食べた?」と聞いてきます。
ハローと同じ意味なんだと思います。

日本人だとわかった人は英語で話し掛けてきます。
中国語を話せるとわかると中国語に変わります。

インド人とフロントの女性は
マレー語で冗談を言っていました。

安宿は英語や中国語の勉強には最適な場所だと思います。