シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

方言が入り混じるシンガポール中国語の普通話勉強法

MRTのアナウンス

シンガポールでMRT(地下鉄)に乗ればいろんな言語で
アナウンスされます。

英語はもちろん中国語も、
そして何語かわからないけど違う言語もアナウンスされます。
マレー語とかタミール語だと思います。

中国語は勉強したので
耳に入ってきます。

日本で聞いていた中国語より聞き取りやすいんです。
その謎はあとから種明かしのように理由がわかりました。

f:id:goodpoint:20150409094433j:plain

日本にいたときの中国人

日本にいたときは
中国大陸の人と話していました。
特に北京と北京から北の東北地方に住む
遼寧省、吉林省、黒竜江省の人が多かったです。

なので
R化音に悩まされていました。

悩んでいた原因のひとつは
台湾に住んでいる台湾人の友達が多く
その発音に慣れていたからです。
台湾にはR化音はありません。

中国語を話せるようになってからは
R化音もだんだんと慣れて聞き取れるようになってきました。

日本人のR化音

音は慣れてきたのですが
今だに慣れないのが
日本人の中国語が上手な人のR化音です。

これは中国語がどうこうではなく
日本人の中国語R化音は性格を変化させる
大きな力があるように感じます。

例えば、誠実な人がR化音で怪しく感じたり(笑)

最初にどんな中国語を学ぶか
そしてどんな中国語を話したいかによって
感じ方は変わると思います。

中国語も一つではないということです。

f:id:goodpoint:20150409094432j:plain

シンガポールの中国語の種類

さてさてシンガポールの話をしましょう。

シンガポールの中国語が聞き取りやすい理由は
シンガポール人は中国語をだいたいで話しています。

アジア人の英語が聞き取りやすいように
シンガポール人の中国語が聞き取りやすいんです。

ではなぜだいたいで話しているんでしょうか。

シンガポールには福建省や香港や広州から移り住んだ人が多くいます。
今のシンガポール人の若者のおじいちゃんおばあちゃんは
その移り住んだ人たちです。

なので家では今でも
広東語や福建語や客家語を話す家庭がたくさんあります。

広東語
福建語
客家語

これらの言語はまるで別の言語のようにわかり合えません。

シンガポールの中華系の人の共通の言葉として
シンガポールでも中国語の共通語(普通話)が話されるようになったのです。

若者も広東語、福建語、中国語(普通話)、英語を話す人が多くいます。
しかもミックスして話すので
ときどき何がなんだか聞き取れなかったりします。

シンガポール人たちの間で
中国語(普通話)を話す友達とコミュニケーションを取りたいので
中国語(普通話)を話す人が今も多くいます。

中国大陸から移り住んだおじいちゃんおばあちゃんは
今でも広東語や福建語を話すので
いろいろと複雑なんです。

通じ合える第二外国語のような
シンガポールの中国語が存在した理由は
こんな出来事からつながっていました。

これはシンガポール人のおばちゃんに
仕事中に聞きました。

なんとなく聞き取りやすい
シンガポールの中国語を聞き取りながら
こちらからも話して
今日もコミュニケーションをとっていきたいと思います。