読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

カリマンタン島へ行く家族との英会話で中国語の壁が現る

シンガポールの宿で英会話

外国人との何気ない交流は楽しいものです。

宿で白人男性が
シンガポールのどこに行こうか迷っていて
おすすめの場所がないか
わたしをスタッフと間違って聞いてきました。

f:id:goodpoint:20150409094441j:plain

スタッフではないことをちゃんと言いました。
そしてスタッフではないけど
シンガポールは何回も来ているので
おすすめを教えますねと言って
英会話が始まりました。

生きた英会話の教材です。

カリマンタン島へ行くオーストラリア人

どこに行きたいか聞くと
いろいろ迷っています。

シンガポールは初めてですか?
と聞くと初めてですと言っていました。

旅行は何日間ですか?
と聞くと2週間です。
でもシンガポールは4日間であとは
マレーシアのカリマンタン島に行くそうです。
カリマンタン島はシンガポールの北の
ジョホールバルやクアラルンプールがあるところではなく
シンガポールの西の大きな島です。

f:id:goodpoint:20150409095758j:plain

最初はシンガポールの植物園を紹介しようと思いましたが
この後、自然豊かなカリマンタン島へ行くので
また別の場所を紹介しました。

旅先ではこんないろんな人と出会えるので
楽しくて紹介ありません。

数分経って子供二人と奥さんが現れて
紹介してくれました。

16歳と14歳の子供はわたしより背が高かったです。。。

f:id:goodpoint:20150409094442j:plain

英語を話すと中国語の壁が現る

去年日本に行った話もしてくれました。
長野県の野沢温泉でスキーをして京都と広島に行ったそうです。

英語で話しているんですが
話したいことがらになると
ついつい中国語が口から出てきます。

オーストラリア人にはもちろん中国語は通じないないので
英語で言い直すという場面が何回も出てきました。

日本語と外国語というひとつのスイッチではなく
スイッチが何個も必要で
そのスイッチを滑らかにオンオフしないといけないなと思いました。