読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

シンガポールで仕事をしながら格安プチ中国語留学

シンガポールで仕事をしながら中国語学習

短期の仕事でシンガポールに来ています。
シンガポールの語学学校に行くわけでもなく
留学するわけでもないのに
中国語がどんどん上達しています。

ローカルのシンガポール人としか
会話していないから
上達しているんだと思います。

会話するときはもちろん中国語。

f:id:goodpoint:20150414092212j:plain

中国語という意味を
中国語で表すときいろんな種類があります。

中文
漢語

日本で勉強しているときは
このどちらかを使っていました。

シンガポールでは

華語

といいます。わたしが中国語を話していて
ネームプレートを見て日本人だとわかると
必ずこう言ってきます。

你会讲华语吗?
(中国語を話せるの?)

シンガポールで中国語のことを中国語で
漢語や中文と言う人がいないのも新鮮です。
日本で中国語勉強している人ならわかる「あるある」です。

f:id:goodpoint:20150414092211j:plain

シンガポール人で中国語を話す人話さない人

シンガポール人の多くが中国語を話すのですが
100%ではありません。
この内訳が非常に興味深いです。

例えば

高校生の子供は中国語を話すのに
そのお母さんは中国語を話せない。

どこから見てもアジア系の顔をしているのに
I can't speak Mandarin.
という人もいます。
中国語の英語表現も
Chineseではなく
Mandarinと言います。

逆に青い目をした欧米人なのに
流暢に中国語を話す人もいます。

中国語を話しているのに
独特のリズムで話すので
まったくわからない中国語を話す人もいます。

f:id:goodpoint:20150414092213j:plain

語学学校よりも勉強になる中国語学習方法

割合にして70%以上の人が中国語を話すのですが
話せない30%の人の分析も興味深いです。

仕事中はシンガポール人と話さなければならず
話すときは中国語を使っているので
中国語力も伸びています。

語学教室に行くよりも
現地の学校に留学するよりも
いい勉強法かもしれません。