読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

人種が多いシンガポールでの英語ミックスの中国語会話

多国籍なシンガポールでの会話

シンガポール人は英語も話すし中国語も話す。
さらにはマレー語やタミール語も話す人もいます。

こんな3カ国語、4カ国語話す
シンガポール人の英語力や中国語力が
英検や中国語検定の1級に合格するほど完璧な人と同じかというと
完璧ではありません。

でもコミュニケーションはしっかりとっています。
ではコミュニケーション能力があるかというと
ある人もいればない人もいます。

話さないといけない環境で暮らしているから
語学力が自然と身に付いたり
身に付けなければいけない状況というのが実際あります。

f:id:goodpoint:20150414095154j:plain

シンガポール人の中国語

シンガポール人の中国語を聞いていると
よく英語が混じっています。
こんなに人種が混じっているのだから
当たり前のことですが
日本人からすると不思議な中国語になったりします。

とくに日本で中国語教室に通って勉強している人たちには
変な感じに聞こえるかもしれません。
でも、それでいいんです。
少なくともシンガポールでは
早く意志を伝えるために
みんな中国語の中に英語ミックスで話しています。

このミックスの方法も何らかの法則がありそうですが
今のところはっきりとしたものは見出してきれていません。
日本のカタカナ英語のような感じのような気もしますが
ちょっと違うパターンもあるし
これは体で覚えていったほうがよさそうです。

f:id:goodpoint:20150414095155j:plain

シンガポールでの英語ミックスの中国語

よく聞いたフレーズ

我去Tilet。
(トイレに行く。)

Try一下。
(ちょっと試してみて。)

她是你的Customer吗?
(彼女はあなたの顧客ですか?)

你要Suger?
(砂糖は要る?)

你要拉面吗?Ramen for you.
(ラーメンいかがですか〜)

などなど

語学学校の先生に言ったら注意されそうなフレーズで
シンガポールは溢れています(笑)