シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

シンガポールでのブラックコーヒーの注文方法はマレー語で

シンガポールのコーヒー事情

シンガポールでコーヒーを普通に注文したら
甘いコーヒーが出てくることがあります。

ちゃんと
ブラックコーヒーで
砂糖とクリーム無し
ということを伝えなければなりません。

シンガポールのスターバックスコーヒー

シンガポールには
スターバックスコーヒーも
おしゃれなカフェもあります。
そこでは英語でBlack Coffeeと言えばだいたい通じます。

しかし
ローカルのシンガポール人が普段行く
ホーカー(フードコート)では通じないときがあります。

スターバックスが5ドルで
ホーカーのコーヒーは1.5ドルくらいです。
ドルはシンガポールドルです。
今だいたい1(シンガポール)ドル=90円くらいなので
スターバックスが450円で
ホーカーのコーヒーは135円です。

スターバックスのコーヒーは
日本で飲むスターバックスのコーヒーと同じです。
ホーカーのコーヒーはシンガポール独特の入れ方で
味は違いますがおいしいコーヒーです。

f:id:goodpoint:20150415102136j:plain

シンガポールローカルのコーヒー注文方法

さてコーヒーを注文するときですが
Black Coffee, please.(英語)
黒咖啡(中国語)
どちらも通じないときがあります。

f:id:goodpoint:20150416082914j:plain

そんなときは
KOPI O KOSON(コピオコソ)
と言って注文します。

マレー語です。

KOPI:コーヒー
O:ミルクゼロ
KOSON:砂糖ゼロ

なので

KOPI O
はミルク無しの砂糖が入ったコーヒー
KOPI KOSON
は砂糖無しのミルクが入ったコーヒー

f:id:goodpoint:20150415102137j:plain

マレー語表現も街にあるシンガポール

この表現はマレー語です。
シンガポールにはマレー文化や言葉もあります。
たまにこのマレー語に出会うとチンプンカンプンになります。

シンガポールでは
公用語を英語としていますが
国語はマレー語です。
なので今でもマレー語は話されているのです。

コーヒーが好きで
いつもブラックコーヒーを飲むので
ホーカーで注文するときは
シンガポール人と同じように
KOPI O KOSON(コピオコソ)と言えるようになりました。