シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

おすすめのシンガポールのホーカーグルメを中国語で注文

シンガポールグルメと東京グルメの違いを比較

シンガポールにはいろんな飲食店があり
世界各国のグルメを楽しむことができます。

日本でも東京などの都会は世界各国のグルメを楽しむことができますが
それとはちょっと違う何かを感じていました。

その何かは最初はわからなかったのですが
過ごしているうちにだんだんわかってきました。

日本は日本人のための世界各国のグルメです。
シンガポールは多様な人種がいるので
この多様な人種のための世界各国のグルメです。

シンガポールの激安グルメスポットのホーカー

シンガポールには安価なグルメスポットが街のあちこちにあり
ローカルのシンガポール人が食べています。
激安なところは1食2ドルからあります。
平均すると麺類で4ドルくらい
セット(定食)で5ドルくらいです。

1(シンガポール)ドルが今90円なので
5ドルだと450円です。

各国料理を楽しめるシンガポール

カレーをチェックしてみると
カレーを食べているのは圧倒的にインド系の人が多く
北インドカレーの店と南インドカレーの店があったりします。
インドも広くて人口も多いので
さらに奥深いカレー文化があるんだと思います。

シンガポールで中国語で中華を注文

そんな中、やはり1番多いのは
中華料理です。

ホーカー(グルメコート)に行くと
ずらりと中華系の店が並んでいます。
中華といってもいろんな中華があります。

f:id:goodpoint:20150416084621j:plain

f:id:goodpoint:20150416084622j:plain

f:id:goodpoint:20150416084619j:plain

f:id:goodpoint:20150416084623j:plain

f:id:goodpoint:20150416084620j:plain

f:id:goodpoint:20150416084618j:plain

そしてここでは
通じやすい言語は中国語です。
お金や注文番号の数字は英語でもOKですが
細かい注文をするとなると
やはり中国語です。

唐辛子抜きで
卵も追加で入れて
スープは要らないよ

こんなことを伝えようとするときは中国語です。

This one, please.
だけでも注文できますが
中国語ができると便利です。