シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

仕事前にシンガポールの朝の公園で中国語を勉強する方法

心地いいシンガポールの朝

赤道直下の常夏の国のシンガポール。
昼は30度以上の気温になり暑くなりますが
朝は気持ちのいい空気を吸うことができます。

小鳥の鳴き声も
南国ならでは大合唱です。

聞いたことのない鳴き声や
見たことのない鳥たちもいます。

f:id:goodpoint:20150422085439j:plain

グリーンシティシンガポール

そんな気持ちのいい朝に
散歩していると
公園で気持よく新聞を読んでいる人を見かけました。

この写真はジャングルの中ではありません。
写真を撮った後ろには高層ビルが並んでいます。

シンガポールはグリーンシティと呼ばれるくらい緑があります。
緑があるというか
緑の中に大都会を切り開いて作りました。
なのでまだ開発されてない場所には
ジャングルが残っています。

開発された場所でも大きな木を
残しているところがあります。

f:id:goodpoint:20150422085440j:plain

シンガポールも「早起きは三文の得」

朝から行動して気持ちがいいのは
シンガポールも同じです。
「早起きは三文の得」のことわざの通り
朝起きて散歩してベンチで本を読んだりしています。

そして、シンガポール人との会話の中で新しく出てきた
中国語単語を復習したりしています。

新聞を読んだり
本を読んだりできるベンチが街にたくさんあり
南国の朝という気持ちいい気候の中
心地よく過ごすことができます。

そんなシンガポール人たちもいて
あちこちのベンチで見かけます。

朝勉強すると
その日1日ずっと頭のどこかに残っているので効率的です。
ふとした瞬間に思い出したりして
それが自然と復習になるからです。

そしてその単語を使って今日もシンガポール人と
中国語で会話します。
いい循環がめぐっています。