読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

シンガポール英語のシングリッシュとジャプリッシュ

シンガポールで必要な言語

シンガポールで就職するには英語は必要です。
たまに英語を話さず仕事している人を見かけるけどその人は例外的な人で
その例外は見習うべき点がたくさんあります。
社長だったり、何か他の人と違う魅力があったり。

f:id:goodpoint:20150422104723j:plain

シンガポールのシングリッシュ

今回は英語について感じたことを書いていきます。
シンガポール人たちはみんな英語を話してコミュニケーションをとります。
シングリッシュと呼ばれシンガポール独特の英語になっていますが
このシングリッシュでも国際社会に通用しているので
そんなに問題はないと思います。

仕事で英語を使う日本人は
流暢な英語かシングリッシュを使っています。
どちらでもOKです。

仕事ではなく生活の中で英語を使う日本人は
シングリッシュとも違う英語を使います。
使っている本人たちはシングリッシュだと思っているのですが
シンガポール人たちはこの日本人の英語を
ジャプリッシュと呼んでいます。

簡単に日本人目線から
シンガポールに存在する英語を整理すると

イギリス英語
シングリッシュ
ジャプリッシュ

イギリス英語は
文字通りイギリス人が使うきれいな教科書のような英語です。

シングリッシュは
シンガポール人たちが使う英語です。

ジャプリッシュは
英語が堪能でない日本人がシンガポールで生活のために使う英語です。

f:id:goodpoint:20150422104724j:plain

ジャプリッシュという日本人の英語

それではシングリッシュとジャプリッシュどこが違うのか
シンガポール人に聞いてみました。

Hot,Good,Bad
こんな発音がシングリッシュと違うそうです。
カタカナ発音になっていて
この発音で日本人だなとわかるそうです。

果たしてこれから日本人たちは
ジャプリッシュを世界で通用する日本的な英語にしていけるのか
引け目を感じてイギリス英語を目指すのか
シンガポール人たちがシングリッシュをつくったように
ジャプリッシュを世界に流通させるのもひとつの方法です。