シンガポールで仕事と旅行しながら中国語を独学で勉強

学校や教室に行かずにシンガポールで中国語を独学で勉強した経験談です。図書館利用法やブラックコーヒー注文方法も。多民族国家で英語ではなく中国の標準語である普通話が多いのが印象的。漢字は繁体字と思いきや簡体字です。仕事と旅行の中で留学気分でした。

星日外国語学院などシンガポールの中国語学校教室をチェック

シンガポールで中国語を学習する日本人

シンガポールにも日本人向けの
中国語学校や中国語教室があります。
価格は日本よりちょっと高めかな。

駐在員などお金に余裕のある人は
向いているかもしれません。

インターネットで検索してみると
星日外国語学院がよく出てきます。
イベントやスピーチコンテストもやっているので
チェックしてみるといいと思います。

f:id:goodpoint:20150430104749j:plain

シンガポールの中国語事情

シンガポールの公用語は英語なので
英語のイメージが強いですが
見回すと中国語を話す人がたくさんいます。
英語を話す人よりたくさんいます。

やっぱりわたしは思うのですが
中国語は本当に便利で
アジアでは多くの国で通用します。
話せたら楽しさ倍増です。

f:id:goodpoint:20150430104748j:plain

シンガポールの中国語教室をチェック

シンガポールの中国語教室をチェックして思うのですが
まずは自分でテキストで勉強して
そしてシンガポール人とどんどん話していけば
それなりに上達するはずです。

そのときにいつもメモ帳を持って
気付いたことや
その日覚えたことをメモしていけば
どんどん単語も増えていくはず。

その勉強した中国語がどんだけ通用するか
中国語のイベントを活用するのも
ひとつの方法です。

順番をおさらいすると

1.自分でテキストで勉強する。
2.シンガポール人と話しながらメモをとる。
3.中国語学校や教室のイベントを活用する。

流れに乗るとあっいう間に上達しそうです。

わたしは1.と2.をやりました。
2.は仕事を兼ねて仕事で使う中国語を増やしていきました。

3.はまだやっていませんがきっと楽しいと思います。
シンガポールで中国語を勉強している日本人は
本気度が違うんで同じ空気を吸うと流れに乗れるはずです。